ダブルで効く夢のスーパーカマグラ!彼女も喜ぶ俺の早漏改善技

早漏のメカニズム

早漏のメカニズム 早漏、PEというこの問題を理解することで、その治療方法を知ることで克服をすることができるという事実を知らない方が多く感じます。
まずこのPEという問題についてですが、女性の膣内に挿入した後からピストン運動の末に射精をするまでの時間がどれくらいの場合をこのPEであると判断するのかというところがいまいち明確に定義されていないと思うのですが、これについては、大体女性の膣内へ男性器を挿入したから30秒~1、2分以内に性的興奮が最大となり射精をしてしまう、といたtような時間を基にしているものから、女性膣内へ挿入後、性交渉の運動を複数回することで、性的興奮が最大となり射精をしてしまうといったような、回数による定義もあるのですが、この2つとは全くことなった視点から、上記のような時間・運動回数といったことが重要ではなく、自身の射精をする反射のコントロールができない状態であることがPEであるという定義も存在します。
ちなみに、日本国内の臨床試験にて、18~25歳の健康男性を対象に、構成をきするために同一の女性の手による局部を刺激し、射精するまでに時間を計測したところ、平均は470秒であったという報告がされており、通常で考えられているよりも射精に至るまでの時間は短いのです。
しかし、上記のようなこととは別に、射精をするまでのメカニズムをご紹介させていただきますが、大きく作用している神経は2種類存在し、それぞれは交感神経と副交感神経であり、交感神経というのは、簡潔に表現すると活動の神経といわれておりピンチな状態にあるときに発動するもので、意識が張り詰め、消化器官等の活動はこのときは抑制されている状態となるのですが、性交渉のときではこの交感神経の働きが大きく作用することで、射精を引き起こします。
副交感神経についてもこちらも簡潔にいえばリラックスの神経といわれており、その言葉のとおり、落ち着いている状態であり、消化器官の活動は活発な状態となり、熟睡できるときもこの状態だとされているのですが、性交渉の際に、この副交感神経を大きく作用させることで、勃起状態となるのですが、実は性交渉のときに、この神経のうち、副交感神経が優位になっている状態を続けることができれば、射精しないままピストン運動を続けることができるのですが、自立神経の判断により、まだ十分ではないものの性交渉の刺激により最大に快楽を味わうことで、脳内では満足したと勘違いをしてしまい、それにより交感神経にスイッチが切り替わり、射精してしまうのです。
なのでまずは日ごろのオナニーや性交渉のときから、平常心を心掛けることと、すぐに射精をしないということを心掛けることがとても重要です。